動脈硬化(脈波)検査

HOME < 外来検査 < 動脈硬化(脈波)検査

検査では、主にABIとPWVの値を測定し動脈硬化についての検査をおこないます。

ABI検査:正常では足首の血圧の方が上腕の血圧より高いのですが、動脈の内腔が非常に狭くなると足首の血圧が腕の血圧より低くなります.ABIとは,ankle brachial index(足関節上腕血圧比)の略で、ABI検査とは,両側の上腕と足首の血圧を測定してその比(ABI)を計算することにより、比較的太い動脈の内腔が狭くなっていないかどうかを調べる検査です。ABIは『比較的太い血管のつまり具合』の目安です。

PWV検査:PWVとは,Pulse Wave Velocity(脈波伝達速度)の略です。心臓から押し出された血液の拍動は、血管の壁や血液を伝わって末梢まで届きますが、血管の壁が硬いほど拍動は早く伝わるという性格があります。PWV検査とは拍動の伝わり方の速さを調べる検査で、PWVは『比較的太い血管の硬さ』の指標のひとつです。

当院のABI検査とPWV検査の特徴

  • 原則的に即日検査を行います。
  • 結果は図などを利用して分かりやすく説明します。
  • 結果が大きく正常値を外れている場合には受けたほうがよいとされている『頸動脈エコー検査』も当グループ全施設で実施しています。

検査でわかること

  • 大動脈や手足の動脈などの比較的太い動脈の高度狭窄の有無
  • 比較的太い動脈の壁の硬さの指標,すなわち動脈硬化の程度

検査の方法

  • 基本的には心電図検査と同じような手順です。
  • ベッドに横になって心電図電極などを装着します。
  • 手足に血圧計(マンシェット)を巻きます。
  • 測定中は四肢が締め付けられますが静かにしておいてください。

検査時間

  • 心電図よりやや時間がかかりますが、通常は数分程度で終わります

このページの先頭へ戻る

外来検査

クリニック一覧

当院のドクターがドクターズ・ファイルに紹介されました